スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人としての心意気・生き方」

長谷川久美子 様

お久しぶりです。高松北高校の村上です。お忙しい中、元気に活躍されていることと思います。先日の日本(日本時間5/26(日)夜10時)でのテレビ放送見ました。ソロモン流という番組の中で、俳優の船越さんが「ハワイで活躍する2人の日本人」というものでした。私は放送のことは前日まで全く知らなかったのですが三本松高校の教え子からメールが来て「長谷川久美子さんがテレビに出る!」ということで知り、これは是非見ないといけないと思いました。相変わらずのパワフルぶりで、テレビからも十分長谷川さんの前向きさ・プラス思考が伝わってきて、ハワイのことも思い出し、元気をもらいました。今年三本松の生徒を引率した担任の遠藤先生からもハワイ島はすごかったという話を聞きました。高松北高校でも(許可を得ずにで申し訳ないですが・・・)海外で元気にがんばっているいろいろな日本人の話の一つとして・・・(化学の授業の合間に)長谷川さんのことも話させてもらっています。「自分の人生の中で心底好きになれることを見つけることの大切さ」「そのために多少の困難やしんどさがあっても前向きに考えてがんばることの大切さ」など教科書の知識とは別に人としての心意気・生き方のようなものを伝えながら生徒とともに自分も励ましています。現在仕事の合間に(歩みはのろいですが)ウエイトトレーニングと英会話を勉強して、退職後には世界のいろいろなところをまわろう、ハワイ島にももう一度行こうと考えています。この夏は7月にカナダで3週間ホームステイを引率し、8月にはボルネオ島に生物の先生たちと研修に出かけます。健康に留意されて、今後もパワフルにご活躍ください。私も長谷川さんを見習って前向きにがんばっていきたいと思います。それでは・・・See You!です。

香川県立高松北高等学校 村上和也

tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー

テレビ東京「ソロモン流」ハワイで活躍する日本人スペシャル

soromon.jpg


8年も続いているというテレビ東京の人物ドキュメンタリー番組「ソロモン流」。さまざまなジャンルでこだわりを持ち、輝きを放つ、旬の人物の仕事や生活に密着し、個性的なライフスタイルや人生哲学を紹介する番組。

そんな素晴らしい番組の「ハワイで活躍する日本人スペシャル」で紹介させていただく、素晴らしい機会が巡ってきました。4月11日から21日までの密着取材。こんなに素晴らしい体験、一生忘れられない思い出です。

放送日は2013年5月26日。「ハワイに移住し30年、大自然の魅力を誰よりも知る女性ネイチャーガイド、長谷川久美子。ハワイ島に暮らし自然や文化を探求。彼女が伝えるのは、単に見て楽しむだけではない“一歩踏み込んで体験させるエコツアー”。」・・・と次回放送内容としてソロモン流のウェブサイトでは紹介していただきました。

続きはこちら

ソロモン流バックナンバーのページ



tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー

有意義な楽しい旅

<<赤羽 道子さんからのお便りです。>>

ハワイ滞在中は本当にお世話になりました。あなたのガイドがなければ、とてもあんなに有意義な楽しい旅はできなかったろうと思います。もうハワイに行くこともないでしょうけど、機会があれば知人友人にあなたのことを紹介したいものです。あなたとパトリックさんのペンションが軌道に乗ってうまく行きますように。

2日前に、秋田駒ケ岳のふもとの乳頭温泉高原付近を、友人たちとハイキングして来ました。まさに「山笑う」といった風景で、雪渓の残っている中にブナの木の若葉が芽吹いていました。ブナの若葉と山桜のピンクとこぶしの白とがパステルカラーに見えました。まもなく「山したたる」という夏の風景になっていきます。ハワイの年中ある緑の木、カラフルな花たち本当に山の風景は違います。こんなに季節の違いがあるのですから、住んでいる人たちの気質も違って当たり前だなあとつくづく感じました。

帰り私達夫婦はホノルルに2泊しましたが、ヒロと違ってあまりにも大都会でびっくり。ダイアモンドヘッドに登ったくらいで、ショッピングモールにも行かないでしまいました。やはり静かなところがいいです。

これからもお元気で!!

tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー

ふあく山の会 (アルパイン)

IMG_2468.jpg


<<西村 峰子さんからのお便りです。>>

長谷川様

過日アルパインのハワイ島ハイキングでは大変お世話になりました。取材班同行というサプライズには驚かされましたが、とても楽しい山行が出来ました。これも熱心にハワイ島を説明して下さった長谷川さんのおかげと感謝しています、どうも有難うございました。その折写した写真を送ります、後列右から2番目が私です。長谷川さんのB&Bが出来ましたら、又お邪魔したいと思っています、完成の折にはご連絡下さい。今度は豊橋の山仲間と一緒に伺います。それでは益々のご活躍を期待しています、5月26日のテレビも楽しみにしています。

中尾さんからのお手紙拝読いたしましたが、まさにその通り…私もハワイ島から元気をたくさん貰ったような気がします。オアフ島しか知らなかった私にとって、ハワイ島は驚きの連続でした。本当に是非又案内して下さい。昨日豊橋の山の仲間と三重県の御在所に登りに出かけましたが、その折ハワイ島の話をしたところ、仲間達が是非行きたいと大乗り気でした、B&Bの完成を心待ちしています。

それではまた!

tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー

鳥達の鳴き声、あの色、森の中の1日

<<中尾 薫さんからのお便りです。>>

久美子さん

今回は、初めての山での本当のhawaiiの楽しみ方を教えて頂き、感動でした。鳥たちの鳴き声、あの色、あの日の一日が宝物のようです。そして、図々しくも一泊させて頂き、ゆっくりとした時を過ごさせて頂きました。パトリックさんにもおいしい朝食を頂き、感謝です。どうぞよろしくお伝え下さい。

久美子さんと初めてお会いしたのに、何か初めてでないような感じは、お互いにこだわりを持って自分の信念に向かってぶれずに進もうとしている共感からなのでしょうか? そして、その方向が同じような気がしました。たとえ、少数派でも何もしないよりもした方がいい。分かってくれる人が必ずいる。その輪がジワジワと染め紙が染み渡って行くように、ゆっくりとでも広がればいい。大切なことを見失わないようにいたい。などなど。

久美子さんの活動から、気持ちのよい勇気を頂きました。また、日本で私も頑張れます!!ありがとうございました。

実は、昨年10月末から最愛の父が入院、1月4日に他界、そしてその後の様々な事務処理などと年度末の処理なども重なり、本当に倒れそうな日々を過ごしていました。かなり、カラダもココロも頑丈に出来ておりますが、私をいつでも受け入れてくれる100%の愛情を降り注いでくれた父の死は堪えました。

hawaiiに到着してからの2日間くらいは、振り返ればカラダがついて行かないような感じで、ドロッとした疲れが出ていました。久美子さんに山に連れて行って頂いてから、私たちは何かを取り戻したような感じです。

特に、克修さんは自分の親以上に私の父を慕ってくれていたこと、日々は建物の中での仕事、以前のようにゆっくりと自然の中に身を置くことが出来ていなかったので、何かを取り戻す為にゆっくりしたくてhawaii行きを楽しみにしていました。久美子さんとの山の中で、幾度となく「本当に気持ちいい」と彼はカラダ全部であの空気を浴びていました。

そんなことからも、私たちにとって忘れられないhawaiiのひとつになりました。やっぱりhilo最高です。次回は8月末。また短いですが、また必ず行ける、これだけでこれからの日々も頑張れまーす。次回も必ず久美子さんとパトリックさんに会いたいです。連絡させて頂きますね。よろしくお願い致します。

長くなってしまいましたが、本当に感動の日をありがとうございました。

ではまた!!

追伸:hiloのファーマーズマーケットでグラスアートを毎年ひとつ購入するのですが、今年は何か記念に鳥たちをモチーフしたものにしよう!と思いました。apapaneは無いの?と聞くと ないとのこと。iiwiは?と聞くと 出して来てくれました。この鳥を見たと言うと、作者の女性は両手を口にあててビックリ!私は見たことないのと。素晴らしかったでしょ?と。hiloに住んでいても見たことない方がいて、そしてそれでもこうして作品にしているんだ~と二人で何だかちょっと優越感(笑)を感じたりして。iiwiとオヒアレフアの花のモチーフのものを購入して帰りました。8月にまた来るので、apapaneのものも作って下さいねってお願いしてきました。

ハカラウ・フォーレストの気持ちよさをカラダに残して、子どもたちに目の前の自然の大切さをこれからも伝えて行きたいです。

Telacoya921

tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー バードウォッチング ハカラウ フォーレスト

プロフィール

長谷川 久美子

Author:長谷川 久美子
~~~~~~~~~~~~~~~

ハワイ島のエコツアーへのご案内

ハワイの自然と文化に関するブログへ

もうひとつのブログ「一期一会」へ

~~~~~~~~~~~~~~~

このサイトを気に入っていただけたら、ここをクリックしてください。

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。