スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルパイン・ツアーハワイ島トレッキング (2)

Mauna Loa Trekking (from Okuta-san's Journal)


<<河野 省子さんからのお便りです。>>

私は北はアイスランドから、南はパタゴニア、南極大陸まで、山と花と自然、皆既日食などを追い求めて旅をして来ました。根っからのナチュラリストです。

溶岩ハイキングの時、久美子さんはしつこく実行の是非を問われましたね。私もしつっこく「行く」と答えました。”見れなかったら”骨折損のくたびれもうけをおそれるあまり、行かなかったらどうだったかしら? 実際、あの時は途中から海岸に立つ白い蒸気が見え、自体が好転し、やっぱり行って良かった!でした。熱くて暑くて、くらくらしました。 

私にとって2度目のマウナケア。サミットが踏めて感激でした。雪もあってうれしかった。まさに白い山。すばる望遠鏡のドームは8m鏡を収容する抱けあってデカイと再確認。

そしてマウナロア。サドルロードから気象観測所までの悪路には参りました。あれで大分体力を消耗したかな。登路の両側に広がる溶岩原のすさまじさは、創造を絶しました。まさに成長途上の活火山。驚きの連続で、遅い足が益々遅くなり、数分毎にカメラのシャッターを押してしまいました。ホットスポットの対極にあるかい海嶺型の火山島アイスランドには5度訪問し、数々の割目噴火のあとや氷河を掲く楯状状火山、噴出する温泉を目にして来ましたが、世界一のホットスポットの活火山の流動性の高い溶岩の噴出の様子が想像できるあの千変万化の形態には目を見張りました。

スポンサーサイト

tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー

アルパイン・ツアーハワイ島トレッキング (1)

Okuta-san, Ohtake-san, and Pablo


<<奥田 博さんからのお便りです。>>

今回のツアーでは大変お世話になりました。お陰さまで楽しい、思い出深い有意義なツアーになりました。

マウナロアの名実共に「長い長い山登り」で、いささか参りました。何といっても人間は動物ですから、花や木々が必要ですね。ハワイ島の植物の一端に触れることができて嬉しいです。

ネイチャーツアーは日本では中々なじみが薄いのですが(エセものが多いのです)クミコさんには色々と学ばせてもらいました。登山でのマネジメントをはじめ、溶岩流の発見、クレータの成り立ちの小麦粉での説明、ハワイ固有種の話、マウナケア山頂へ向かう前のKIの編物と捧げモノ、ハワイの民族文化を常に意識した説明などが印象に残りました。

これからもハワイのために、素晴らしいネイチャーツアーを実践してください。また、いつか会えることを楽しみに。

__________

奥田さんの旅日記で「現地のガイドのクミコさん」と紹介していただきました。
From Okuta-san's Journal


tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー

読売新聞朝、刊記事「顔」

職場は標高約4200m

すばる望遠鏡の案内役を務める長谷川久美子さん(39)

最も高い場所で働く日本人ガイドかもしれない。職場は標高約4200メートル。ハワイ島マウナケア山のすばる望遠鏡だ。10月に始まった見学会の案内役となり、「望遠鏡も職員も皆、すごい能力。誇りに思います」と語る。

この島に住んで16年。保険会社などに勤めながら副業として観光ガイドをするうちに、島の自然や文化の豊かさにひかれ、のめりこんだ。旅行会社へ転職したが、「集客優先の安いツアーより、島の魅力を存分に感じてもらう旅を手作りしたい」と2000年に独立。その情熱と経験が、案内役を探していた国立天文台の目に留まった。

見学会では「スバルを運営するのは自動車会社?」といった米国人の珍問にも「いいえ、政府よ。『すばる』はプレアデス星団の和名なの」と丁寧に説明し、日本の科学のPRに貢献している。

マウナケアは島の先住民にとっては聖地であり、観測活動に対する反発も根強い。自然破壊も懸念されている。そんな微妙な状況をよく知るだけに、望遠鏡を案内する立場には「正直なところ、複雑な思いもある」という。

すばるの案内、自分の会社のエコツアー、ハワイ大の野鳥観察会の指導など幅広い仕事で多忙な毎日だが、そんな生活を米国人の夫が支えてくれる。「10歳の三女は、私の仕事を継ぎたいと言っているの」。“愛夫”弁当をほおばる顔が、一段とほころんだ。(科学部 増満 浩志)

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20041215sw11.htm

tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー

園田学園中学校・高等学校6年一貫コースのハワイ研修旅行

<<園田学園中学校・高等学校6年一貫コースの中谷嘉恵先生からのお便りです。>>

ハワイでは貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。私たちが住んでいる現実社会で忘れかけているものを思い出させていただいたような気がします。スバルに入らせていただいたこと、そこで見た夕日は明らかに私の人生に何かを与えてくれました。文明社会の中では、人間が地球を我が物のように作り変え、のさばっていますが、雄大な自然を前にしたら人間はただの小さな存在に過ぎません。人間の知恵ではとうてい計り知れない大いなる力を感じました。

そして、そんなすばらしい自然を通して多くの人々に感動を与えている久美子さんは本当に素敵だなって思いました。私もそうであったように、生徒たちもきらきら輝いている久美子さんとの出会いで何か未来を見つけられるような気がします。

忙しい毎日、複雑な人間関係。。。私が住む現実は決してきれいな世ではありません。しかし、私はそれでも人が好きで、子どもたちが好きで、何か力になりたい。その思いだけで苦しい現実社会を生き抜いている様な気がします。少しハードではありましたが、現実世界から離れ、心洗われる時間が与えられたことを心から感謝しています。

これからの久美子さんの活動の上に、久美子さんと出会う多くの人々の上に神様の豊かな恵みと祝福がありますように。。。

アーメン

tag : ハワイ島 ヒロ エコツアー

プロフィール

長谷川 久美子

Author:長谷川 久美子
~~~~~~~~~~~~~~~

ハワイ島のエコツアーへのご案内

ハワイの自然と文化に関するブログへ

もうひとつのブログ「一期一会」へ

~~~~~~~~~~~~~~~

このサイトを気に入っていただけたら、ここをクリックしてください。

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。